• 2024.06.13

2024年【世界14カ国・地域の親日度調査】日本への好感度、訪日意欲について

 グローバルマーケティング事業(※)を展開しているアウンコンサルティング株式会社(東証スタンダード市場:2459、本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:信太明、以下「アウンコンサルティング」)はこの度、世界14の国と地域を対象に親日度や訪日意欲に関する調査を実施しましたので、その結果をお知らせいたします。

(※)海外SEO (検索エンジン最適化)、および海外広告 (サービス概要: https://www.auncon.co.jp/service/)

調査概要

【第12回アウンコンサルティング親日度調査】世界14の国と地域における日本への好感度、訪日意欲、訪日計画時の情報源について

・対象の国と地域(N数):韓国(109)・中国(106)・台湾(108)・香港(108)・タイ(107)・シンガポール(107)・マレーシア(108)・インドネシア(107)・フィリピン(109)・ベトナム(107)・インド(113)・オーストラリア(107)・アメリカ(107)・イギリス(108)
・調査期間:2024年5月27日~2024年5月31日
・対象:対象の国・地域の20歳以上の男女

調査サマリー

1.日本の好感度について

 日本への好感度に関しては以下の結果となりました。

 「大好き」「好き」の合計値が最も高いのは同率1位(100%)でインドネシア・フィリピンでした。中でもフィリピンは「大好き」の回答率が77.1%と調査国の中で最も高い結果となりました。フィリピンの好感度が高い理由として、これまで日本がフィリピンのインフラ(高速道路、空港、鉄道、港、道路など)支援を行ってきたこと、フィリピンの最大貿易国の一つであること(2022年の輸出相手国はアメリカに次ぎ2位、輸入相手国は中国・インドネシアに次ぎ3位*1)等があげられます。
 一方で、「嫌い」「大嫌い」の合計値が最も高いのは中国(合計47.2%)、「大嫌い」の回答率が最も高いのは韓国(10.1%)となりました。

 中国は前回2023年の調査から「嫌い」「大嫌い」の合計値が約2倍に増加しており、東京電力福島第一原子力発電所の処理水放出の影響により、日本への好感度が低下したと考えられます。

■日本が好きな理由

 日本について「大好き」「好き」と回答した方の理由は以下のとおりです (複数回答) 。

※5%以上を緑、15%以上を黄色、20%以上を赤く色づけ

 全体的に「四季の風景」「日本食」の数値が高く、アメリカ・イギリス・オーストラリアでは「歴史/文化」の評価も高いことが分かりました。昨今では、買い物よりも体験を重視する傾向が強まっており、日本の古き良き文化を感じられる体験型へのコト消費へ繋げられるようなアプローチが重要となっています。

2訪日経験・意向

■日本に行ったことがありますか?

 訪日経験に関する調査では以下の結果となりました。

 

 今回の調査においては全体的に日本を訪れたことのない回答者が多く、中国・タイ・マレーシア・インドネシア・フィリピン・ベトナム・イギリスでは60%超となりました。日本への好感度が高いインドネシア・フィリピンにおいては、2023年の年間訪日外国人旅行者数はコロナ禍前の2019年を上回っており*2、今後、日本を訪れたことのない層へのアプローチが重要な鍵になると考えられます。
 また、訪日外国人旅行者数の上位を占める香港、台湾、韓国においては、3回以上のリピーターの数値が高い結果となりました(順にそれぞれ、54.6%、34.3%、28.4%)。特に香港は2023年10月~12月のリピーターは90%を超えており(2023年訪日外国人の年間動向と2024年の予測)、日本旅行に対する高い満足度が伺えます。日本は比較的距離が近いことや、金銭的な負担も他国に比べるとそれほど高くなく、直行便も多いことから、気軽に旅行できることが要因として考えられます。

■日本にはいつ頃行きたいですか? (日本旅行を検討している方)

 訪日時期に関する調査では以下の結果となりました。

 「すぐに行きたい/すでに行く予定がある」の回答が最も多かったのは、インドネシア(49.5%)、次いでフィリピン (39.4%)、インド (31.9%)、ベトナム (28.0%)、香港(24.1%)となりました。各国とも「日本が好きですか?」という質問でも「大好き」「好き」の合計値が90%を超えており、当調査の親日度と訪日意欲は相関関係にあることが分かります。

■日本を訪れる際どの都市に行きたいですか?

 訪日都市に関する調査では以下の結果となりました (複数回答)。

 

 韓国を除き、13カ国・地域で「東京」が最も多い結果となりました。2023年12月に国際的な民間市場調査会社、ユーロモニター社が発表した「Top 100 City Destinations Index 2023(2023年トップ100都市デスティネーション・インデックス)*3」によると、東京が初めてトップ10入りし、2022年の20位から4位に急上昇しました。躍進の背景には、日本国内における新型コロナウイルス関連規制の緩和に加え、東京は日本の文化や食べ物、買い物が楽しめるだけでなく、衛生的で交通の便や治安が良いこと、さらに新宿御苑など都会の中心にありながら伝統的な日本庭園で四季折々の自然を楽しめることなどが考えられます。また、オタクの聖地として海外からも絶大な支持を受けている秋葉原や、日本の「カワイイ」を満喫できる原宿など、日本が世界に誇る様々なカルチャーを体験できるため、外国人観光客にとって一層魅力的な旅行先となっていることも考えられます。
 また、特にアジア圏では、「東京」に次いで「大阪」「北海道」が高い人気となっており、中でも中国、台湾、タイ、シンガポール、マレーシアの5カ国では回答者の50%以上が「北海道」を選択しています。1年中温暖な気候で冬らしい冬を感じられないアジア圏の方にとって、北海道の雪景色や自然豊かな大地でとれる食材は魅力的に感じる要因であると考えられます。先述の日本の高い好感度に対する理由として、「四季の風景」「日本食」の選択率が高かったことからも、「北海道」の人気の理由が窺い知れます。

3日本旅行で不安なことについて

 訪日時の不安なことについては以下のとおりです(複数回答)。

※5%以上を緑、10%以上を黄色、15%以上を赤く色づけ

 全体的に「店員との会話が通じない」「地震等の災害」の回答率が高い結果となりました。特に、「地震等の災害」を選択する割合は、昨年の調査結果と比べて若干ながらも増加している国が多く、令和6年能登半島地震の発生が海外でも報じられたことが要因の一つとも考えられます。地震大国と呼ばれている日本においては、常に災害への備えが重要となります。日本政府では東日本大震災の経験を踏まえ、災害等の緊急時に迅速かつ正確に情報提供を行う体制の構築に取り組んでいます。多言語でのアナウンスや通知を含め、訪日外国人旅行者が安心して日本を観光する環境を整える必要があります。

4.訪日計画における情報源

■日本の観光地を探すとき、何を参考にしていますか?

 観光地を探す際の情報収集方法は以下のとおりです(複数回答)。

※5%以上を緑、10%以上を黄色、15%以上を赤く色づけ

 全ての国・地域において、「Google Map」の回答率が最も高く、次いで「検索エンジン」が多くの国で選択される結果となりました。近年では若い世代を中心に、検索エンジンよりもSNS上で検索して情報収集をする人が増えているものの、「Google Map」は旅行系アプリの中でもっともダウンロードされており *4、世界中のユーザーが慣れ親しんだ観光には欠かせないアプリとなっています。

■日本のホテルを探す時何を参考にしていますか?

 ホテルを探す際の情報収集方法は以下のとおりです(複数回答)。

※5%以上を緑、10%以上を黄色、15%以上を赤く色づけ

 観光地の情報収集と同様、「Google Map」が多く、次いで「検索エンジン」「トリップアドバイザーなどの旅行情報プラットフォーム」選ばれる傾向にあります。旅行情報プラットフォームの場合、他のホテルとの比較ができることや割引率が高いこと、情報収集から予約まで完結できることが要因として考えられます。

■日本のレストランを探すとき、何を参考にしていますか?

 飲食店を探す際の情報収集方法は以下のとおりです(複数回答)。

※5%以上を緑、10%以上を黄色、15%以上を赤く色づけ

 観光地の情報収集と同様、「Google Map」が最も多く、次いで「検索エンジン」となりました。また、「トリップアドバイザーなどの旅行情報プラットフォーム」も比較的回答率が高いことから傾向が相似していることが分かりました。

まとめ

 国・地域の特色はあるものの、全体的に傾向は類似しており、日本への好感度や訪日意欲が高いことが分かりました。円安を追い風に日本の食文化、アニメなどのサブカルチャー、自然や寺社仏閣などの観光名所で日本人気は継続しており、訪日外国人は引き続き堅調に推移することが予想されます。今後は、日本の古き良き文化を感じられる体験型へのコト消費へ繋げられるよう、日本独自のコンテンツを駆使した高付加価値プランの販売促進が重要となります。
 一方で、多言語でのコミュニケーションや地震等の災害に対する不安感の払拭、オーバーツーリズム等、サステイナブルツーリズム(訪問客、業界、環境および訪問客を受け入れるコミュニティーのニーズに対応しつつ、現在および将来の経済、社会、環境への影響を十分に考慮する観光)への課題が浮き彫りになっています。「観光立国」実現のためには、官民一体となったサステイナブルツーリズムへの取り組みが重要な鍵となります。

<参考資料>
【過去の親日度調査】
《2023年6月13日発表の第11回アウンコンサルティング親日度調査》
 https://www.auncon.co.jp/press/release/2023-06-13

プレスリリース本文中に出てくる各社サービス名称は、各社の登録商標または商標です。
本プレスリリースをご掲載される場合、『アウンコンサルティング調べ』とご記載の上、弊社までご連絡をお願いいたします。

*1 JETRO, 「フィリピンの貿易と投資(世界貿易投資動向シリーズ)」2023年11月24日, https://www.jetro.go.jp/world/asia/ph/gtir.html (2024年6月10日)
*2 JNTO, 報道発表・お知らせ 「訪日外客数(2023 年 12 月および年間推計値)」, 2024年1月17日, https://www.jnto.go.jp/news/press/20240117_monthly.html (2024年6月10日)
*3 Euromonitor International Limited, 「ユーロモニター、2023年の世界TOP100都市デスティネーションを発表」PR TIMES, 2023年12月12日, https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000131316.html (2024年6月10日)
*4 Statista, 「 Number of aggregated downloads of selected leading travel apps worldwide in 2023」May 13, 2024, https://www.statista.com/statistics/1229187/most-downloaded-travel-apps-globally/ (2024年6月10日)

[事業内容]
グローバルマーケティング事業(海外SEO、海外広告)

[設立] 1998年6月8日
[本社] 東京都千代田区丸の内二丁目2番1号 岸本ビルヂング6F
[代表者] 代表取締役CEO 信太 明
[社員数] 62名 (正社員のみ52名) 2024年2月末現在
[資本金] 1億円
[URL] https://www.auncon.co.jp

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。
お問い合わせいただいても一切お返事いたしかねますので、ご了承願います。

アウンコンサルティング株式会社が提供するサービスについて、
資料請求、お問い合わせをお受けしております。
必要事項ご記入の上、「確認」ボタンを押してください。

Copyright © 1998- AUN CONSULTING,inc.

Top