• この記事は 1分で読み終わります
    2019.05.22

インバウンド人気商品 日本ウィスキーがシンガポールで大人気

成田空港や羽田空港の免税店で、「響17年」や「白州12年」とラベル表示された棚が空っぽになっているのを目にしたことがある人には、自明のことと思いますが、今、日本のウィスキーが、シンガポールのウィスキー愛好家に大人気です。2015年に著名な英国人ウィスキー評論家が「山崎」をウィスキー・オブ・ザ・イヤーに選出。東京を舞台にしたビル・マーレイの映画「ロスト・イン・トランスレーション」でも「響17年」が登場したりと、日本ウィスキーの知名度が高まっていました。さらに年代物のウィスキーが今後品切れになっていくことも、ますます希少価値を高めています。ボトルで買えなければ、日本のバーやウィスキーフェスティバルにいけば、希少な年代物日本ウィスキーが飲めるかもしれない。と紹介しています。

日本のウイスキー

※1 ウィスキーの未来 – THE BUSINESS TIMES
https://www.businesstimes.com.sg/lifestyle/feature/whisky-business

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。
お問い合わせいただいても一切お返事いたしかねますので、ご了承願います。

アウンコンサルティング株式会社が提供するサービスについて、
資料請求、お問い合わせをお受けしております。
必要事項ご記入の上、「確認」ボタンを押してください。

Copyright © 1998- AUN CONSULTING,inc.

Top