インバウンド・アウトバウンドに強いグローバルコンサルティング企業

インバウンド・アウトバウンドに強いグローバルコンサルティング企業

PPC広告運用について

PPC広告とは?
 PPCとはPay Per Clickの訳で、クリック課金型広告を意味します。クリックされるごとに料金が発生する仕組みのWeb広告です。
 日本において運用型広告はこのPPC広告であるものが大半ですが、以下の図のようにいくつかの種類があり、【検索連動型広告(以下、リスティング広告)】【ディスプレイ型広告】【コンテンツ連動型広告】【オーディエンスターゲティング広告】【リターゲティング型広告】などがあります。
※検索連動型広告(リスティング広告)意外の運用型広告においてはクリック課金型だけではなく、インプレッション課金等その他の広告課金形態である広告も有ります。
 種類ごとに解説していきます。

PPC(リスティング/検索連動型)広告とは?
 リスティング広告とは、ユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンを使ったときに検索結果に表示される広告のことです。
 以下のイメージのように、検索結果の上部と下部にいくつか表示されます。リスティング広告の場合はタイトルの前に<広告> という表示があるのが特徴です。リスティング広告はGoogle広告やヤフープロモーション広告の運用により対策を行い、広告下の通常の検索結果に対してはSEO対策を行い、上位表示を狙います。
基本的にはクリックに対して広告料金が発生する(PPC広告)、運用型のWeb広告です。

PPC(リスティング)広告とディスプレイ広告の違いについて 
 以下の図のように、リスティング広告が検索キーワードをもとに検索結果に表示されるように、ディスプレイ広告はユーザー属性をもとにユーザーの閲覧中のサイトに表示されます。ディスプレイ広告の中にはバナー広告やGDN・YDNなどがあります。
※ GDNはGoogleから出稿できるディスプレイ広告で、YDNはYahooから出稿できるディスプレイ広告のことを指します。

PPC(リスティング)広告の利点
 リスティング広告の大きな特徴は、SEOと比較して費用が安く(※対策キーワードによる)、すぐに始められるところです。以下に簡単にリスティング広告の特徴をまとめました。

●低価格から、すぐに始められる
●自ら設定したキーワードでターゲットを絞り込み、アプローチすることができる
●入札価格を自由に設定できる
●表示させるリンク先を指定することができる

PPC(リスティング)広告出稿可能検索エンジン
 国内向けのリスティング広告運用を行う場合は、Google広告やヤフー検索広告を利用します。また、海外向けに広告を配信する場合は、中国では百度(バイドゥ)、韓国ではNAVER(ネイバー)など、その国独自の検索エンジンがある場合があるので注意が必要です。

広告が表示されるまでの道のり
 以下のように、リスティング広告は、「キーワードの選定」「入札」「広告(タイトル・説明文)」を設定して初めて表示されます。

●キーワードの選定とは?
 リスティング広告を始める第一歩として、「キーワードの選定」が必要になります。広告主が、広告をどのようなユーザーに見てほしいかを明確化し、そのユーザーが検索しそうなキーワードを選び、設定します。その際、設定したキーワードの検索数が少ないとそもそも広告が表示される機会が少なすぎることがあるので、検索数調査ツールを活用し、設定したいキーワードの検索数を調べ、関連性が高く検索数が多いものを優先的に設定していきます(一方で競争性が高い等、反動要素もありますのでビジネスサイズはKPIに沿って最終決定するのが良いでしょう)。

●入札とは?
 「入札」は普段オークションなどで耳にしますが、リスティング広告の場合の入札は通常の定義と異なり、広告がユーザーにクリックされたとき、1クリックあたりいくらまでなら広告料金を支払っていいか決めることを指します。広告を表示させるためには上限入札価格(1円以上~)の入札が必要となり、検索数・競合他社が多いキーワードほど、上限入札価格が高くなる傾向にあります。  また最近では各広告プラットフォームのシステムによる自動入札(コンバージョン数や目標獲得単価等を設定し、その設定KPIに向けて自動的に入札単価が決定され配信される仕組み)による出稿も増えており、上限入札単価を決めなくても良いケースが増えています。 費用については後ほど「リスティング広告の費用について」で詳しく説明いたします。 入札が完了したら、「広告(タイトル・説明文)とURLの設定」を行い、広告の入稿が完了いたします。

PPC(リスティング)広告の費用について
 リスティング広告がクリックされたときの費用(クリック課金制により発生する費用)は、【入札単価】と【広告の品質】によって決定します。

【クリック料金】=【入札価格】×【広告の品質】

●広告の品質とは?
Googleの公式サイトには広告の品質について以下のような記述があります。

品質スコアとは
 品質スコアは、広告やキーワード、ランディング ページの品質を表す指標です。品質スコアが高くなるほど、入札単価を低くおさえつつ、広告掲載順位を上げることができます。

 広告の品質の評価基準については、以下のような要素から決められ、1~10のスコアが決定されます。

――――――――――――――――――――――――――――
・相対的なクリック率(CTR)
・キーワードと広告文の関係性
・リンク先ページの内容の関連性やユーザビリティ
――――――――――――――――――――――――――――

●クリック率について
 クリック率とは、インプレッション数(広告が表示される回数)のうち、クリック数(広告がクリックされる回数)の占める割合のことです。クリック率を高めるためには、ユーザーがクリックしたくなるような魅力的な広告分にする必要があります。

●キーワードと広告文の関係性について
 キーワードと広告文の関係性を高めるには、広告文のテキストリンクになっている部分(広告文の1行目)には、なるべく入札キーワードを盛り込むことが必要です。また、予め広告文ごとにキーワードをグルーピングしておくことも大切です。

●リンク先ページの内容と関連性について>
 リンク先ページの内容と関連性については、リンク先のページが設定したキーワードや広告文にあっているか、リンク先ページのユーザビリティが高いか(ページの操作がユーザーにとって快適なものか)が重要になってきます。

アウンコンサルティングのPPC広告運用サービスとは?
 -7つの海外拠点あり48カ国2000社以上の実績-

●アウンコンサルティングのPPC広告運用サービスの特徴
□ 国内外の大手企業実績多数
□ インバウンド/アウトバウンドプロモーションに最適
□ 7つの海外拠点を活用した戦略的なPPC提案
□ 経験豊富なスタッフのサポート
□ ネイティブ翻訳者ネットワークあり