インバウンド・アウトバウンドに強いグローバルコンサルティング企業

インバウンド・アウトバウンドに強いグローバルコンサルティング企業

【BtoB】海外向けのWebプロモーションとは?

目次
・海外向けWebプロモーションの概要
・海外向けWebプロモーションの注意点
・グローバルSEOの戦略立案方法について
・国/言語別 Webプロモーションにおける注意点

海外向けWebプロモーションの概要

BtoBとBtoCのプロモーションは、手法によって向き不向きがあり、動画広告・インフルエンサー・アフィリエイトなどはコンシューマー向けとなります。BtoB企業は、より多くの人にリーチするよりも、ターゲットとなる方にリーチし、認知や問い合わせに繋げることが目的となるので、リーチすることが目的となる広告やセグメントしづらい手法は相性が良くありません。以下の図の「リマーケティング広告」「リスティング広告」「SEO」など、セグメントしやすく担当者や決済者が使っているサービスや手法の選択が重要となります。

 BtoB企業のプロモーションでは、顕在層向けの販促プロモーションからスタートし、必要なターゲット母数を確保できる分だけ潜在層や認知向きのプロモーションに広げていくという形がベストです。
 また、ニーズがマーケットに発生していない、誰も知らない商品やサービスの場合は認知から始めていく必要がありますので、左下の認知向けのプロモーションが向いています。

海外向けWebプロモーションの注意点

① 日本語サイト(コンテンツ)を単純翻訳したサイトは止めましょう
日本語サイトを単純翻訳・直訳してしまうと意味が通じないものになってしまいます。特に日系企業ではこのケースが多く見受けられます。テーマ性や見せたい製品やサービスを元に、対象国に合わせたコンテンツを1から作るレベルで考えるのがベストです。また、当たり前のことながら単純翻訳しただけでは、ターゲット国の文化によっては過不足があるので注意が必要です。

② 多言語サイトのターゲット(国や言語)を明確化しましょう
サイト構造は、国によってデザインやカラーテイストが異なるので注意が必要です。ただし、グローバル展開されている企業様はサイトデザインの統一性や一貫性も考慮していく必要があるため、一概には言えませんが、ターゲットの国単位でデザインを変えていく必要があります。サイト構造やデザインの注意点は国によって異なります。

▼国別の特徴/注意点について詳しくはこちらから(※各国のサイト構造やデザインの特徴を解説しています。)
https://www.auncon.co.jp/service/download/global_promotion.html

③ せっかくならSEOも考慮しましょう(抑えておきたいSEOのポイントと注意点)

・複数言語を同一ページにすることは避けましょう。(※ダブルランゲージ記載等)
・自動翻訳(且つ同一URL)はやめましょう。(※自動翻訳後のページを検索エンジンが正しく認識してくれない可能性が高いです。)
・国/言語ごとの検索エンジン特性を考慮しましょう。(※2バイト文字の言語などは特に注意が必要です。)
・対象国が異なる(URLが異なる)/同一言語/同一コンテンツは重複コンテンツとみなされるためNG。

上記がプロモーションを行う上で抑えておきたいSEOのポイントです。まず、ダブルランゲージのように、複数言語を同じページに設置することは避けましょう。サイトのターゲット国が分からず、検索エンジンが誤認する原因となります。基本的に1ページ1言語でコンテンツを作成しましょう。自動翻訳も同様です。自動翻訳の場合、URLは変わらず言語のみ変更しているため、検索エンジンが誤認する原因となります。
また、国や言語ごとに相性の良い検索エンジンは異なるため、考慮する必要があります。最後に、対象国(URL)が異なるのにも関わらず、同一言語/コンテンツを設定することもNGとされています。検索エンジンから「同一コンテンツ」とみなされてしまうため、注意しましょう。

グローバルSEOの戦略立案方法について

① 対策方針の決め方を知りましょう

・グローバルSEOも3C観点で対策方針を決めましょう。
・検索語句の選定はネイティブの観点を踏まえましょう。
・競合の選定は日系企業だけでなくローカル企業も視野に入れましょう。

グローバルSEOにおいても、マーケティングの3C観点で対策方針を決めていきます。
Companyにおいてはサイト内の課題や、社内のリソースで作成可能なコンテンツの洗い出し、Customerでは世の中で検索されているニーズの発掘が当てはまります。また、検索されている語句は単純に日本語翻訳するのではなく、ネイティブの方の視点を踏まえて発掘していく必要があります。
Competitorにおいては、日系企業様は競合として日系企業の中で選定して設定されるケースが見受けられますが、検索結果上では日系に限らず、ローカル企業も含めた競合を設定していくことがグローバルSEOを考える上で抑えて置くべきポイントです。

② アルゴリズムの変動を考慮しましょう
SEOを考える上で、アルゴリズムの変動を考慮していくことが必要です。以下は、「Core Web Vitals」といい、近年Googleが発表した評価指標で、

・「Largest Contentful Paint (LCP)」
・「First Input Delay (FID)」
・「Cumulative Layout Shift (CLS)」

の3点があります。これまで、Googleではコンテンツの品質や関連性を重要視すると宣言していましたが、「Core Web Vitals」では”優れたユーザー体験”を重要視し、ランキング要素としていくと発表がありました。
近年、Googleにおいてモバイル経由の検索がPC経由の検索を上回っていることから、モバイル向けのアルゴリズムが増えています。BtoB企業の領域においては比較的PC経由の検索が多い一方で、少なからずモバイル経由の検索も増えていくことが予測できますので、レスポンシブなどの対応は最低限行っておく必要があります。

国/言語別 Webプロモーションにおける注意点

・言語によっては検索語句に追いて助詞や句点、濁点の有無により検索数は大きく異なるケースがあります。
・海外と日本の検索トレンドは分けて考えましょう。(※日本は名詞の掛け合わせですが「単語+動詞」で検索する国もあります。)

言語によっては、検索エンジンにおいて語句の処理のされ方に特徴があるものがございます。ベトナムでは、助詞や句点/濁点の有無で検索数が大きく異なるケースなどがあります。そのため、ネイティブの方の確認を行った上でサイトコンテンツやキーワード選定を行う必要があります。
例えば、ホテルを表す「Khách sạn」も、アクセントが表記されていないだけでインデックス数に大きく差が出ていることが分かります。これは、アクセントの有無で検索エンジンが別の言語として処理してしまっていることが原因です。検索結果で上位表示させるためには、アクセントを含めた正しい表記をする必要があります。

BtoBWebプロモーションをお考えの方におすすめ!

こちらのコラムで紹介した以下の内容を詳しく御覧いただける資料をご紹介します。
無料でダウンロードいただけますので、ぜひ貴社のプロモーションにお役立てください!

・各国のサイトのコンテンツ、ビジュアル傾向について
・最新のアルゴリズム(Core Web Vitals等)の詳しい解説について
・各国の検索行動の特徴について