MEMBER

菊池 明 AKIRA KIKUCHI

2005年4月新卒入社
日本大学経済学部卒業

約1年間のインターン後、2005年 に新卒でアウンコンサルティングに入社。
大手、上場企業クライアントを中心にWebマーケティングのコンサルタントとして従事。2008年 にチームマネージャー(課長)、2009年 はグループマネージャー(部長)に昇進。2010年 にはタイ拠点のヘッドマネージャーを務め、2011年 にタイ・シンガポール2拠点の兼任の執行役員に就任 しました。
その後、2013年 に日本に帰任、取締役 兼 執行役員に就任し、 現在はマーケティング事業担当取締役として、主に多言語ウェブマーケティング戦略の立案と実行を担い、顧客支援など 事業全般の業務を推進しています。

就活を振り返ってみて

就職活動は「コンサルティング業界」を軸に動いていました。
アウンとの出会いは、就活サイトで「コンサルティング」と検索したら一番上に出てきたのでとりあえず興味を持ったのがきっかけです(笑)

当時、Webマーケティング業界は黎明期で、SEOやWeb広告と聞いてもピンと来なく、「何をしている会社なのだろう・・・」と怖いもの見たさに説明会に参加したのを覚えています。
説明会に参加しても、明らかに徹夜明けで来たような表情の社員さんばかりだったのがとても印象的でしたが、私にとってはそれがプラスに働きました。
私自身大学受験に失敗した経験があり、20代は誰よりも成長出来る環境に身を置きたいという気持ちが強かったので「コンサルティング×成長環境」だったのはとても魅力的でした。

また、入社の決め手となったのは最終面接で信太さんとした会話です。
私が「従業員と株主とクライアントの中でどれか一つ選ばなければいけないとしたらどうしますか?」と質問をしたら、数十秒間考えた後に「従業員です。クライアントや株主ももちろん大切だけど、従業員があってこそのアウンだと思っています。」と回答してくれました。それが取って付けたような答えではなく、じっくり考えた上での言葉だったので、素直にこの人の下で働きたいと思い、入社を決意しました。

AUN Mission

役員としての業務では取締役会準備/運営、経営会議準備/運営、予算編成、事業推進業務全般です。
また、副社長としては新規事業の開発やM&A・業務提携の検討など、会社としての成長を助長させる取り組みも行っております。

AUN VALUE

実力次第では年齢関係なくポジションを任せてもらえるところです。
日頃から言っているのですが、「立場や環境は人を成長させる」と思っています。ポジションをしっかり任せてくれて、会社としてその人の成長を見守ってくれる環境があるのは凄く魅力的だと思います。
立場が変わると視野が広がり、それまで持っていた会社の見方がガラリと変わります。

私自身、入社当初は会社に対して反発していた時期もありましたが、上司の立場に立ってみて初めて理解できることなども多く、ポジションの変化を通して成長を実感してきました。
ぜひ、今の若手社員も、この環境を活かしてたくさんの経験をつんでほしいと思っています。

AUN Place

総じて、変化をボジティブに受け止める社風はアウンの良い所だと思います。
時代の変化に合わせて制度を柔軟に変えていくこともそうですし、社員からの意見を受け入れて後押しする姿勢があるのは魅力だと思います。
どうしても経営陣側で準備するものでは限界があるので、多様な意見を取り入れ、社員も主体的に会社をつくる一人として活躍していただければと思います。

1日のスケジュール

8:00
取締役会
10:00
経営会議
11:00
採用ミーティング
12:00
ランチ
13:00
予算ミーティング
14:00
マーケティングチームマネージャーミーティング
15:00
採用面接
16:00
新規事業ミーティング
17:00
海外拠点マネージャーミーティング
18:00
確認/押印作業

新卒入社で副社長に登りつめられた理由はなんだと思いますか?

私のことを信じてポジションを任せてくれた会社と、5%のやりがいです(笑)

ポジションにつく際は、つく側はもちろんですが与える側にもプレッシャーのかかることかと思います。そんな中で私を信じて、任せてくれた当時の役員の方たちには凄く感謝しています。

また、ポジションが高くなるにつれて大変なことも多くなります。割合としては95%の苦労、5%のやりがいですが、この5%の達成感ややりがいのおかげで今まで乗り越えてくることが出来ました。
まさに、「立場や環境は人を成長させる」を繰り返して今があると思っています。

メッセージ

この先、振り返ったときに後悔のないようにしていただきたいです。
社会人になると、どうしても将来の選択肢が狭まってきてしまいます。
未来のことは誰にも分からないので、今自分が興味を持てることは何なのかしっかり考えて、幅広く世界を見てほしいと思います。

メンバーインタビュー

【海外勤務経験あり】の副社長に聞く、グローバルマーケターに必要な経験・スキルとは?

取締副社長が語る、挫折と成功から見える今