03-5803-2776
 
ホームIRリリース2011 >業績予想の修正および剰余金の配当の決議に関するお知らせ

News Release

報道関係者各位

   2011年7月6日
アウンコンサルティング株式会社
東証マザーズ(2459)

業績予想の修正および剰余金の配当の決議に関するお知らせ

PDFで表示する

当社は、最近の業績の動向を踏まえ、平成22年8月17日に公表しました平成23年5月期通期の業績予想の修正および第13期剰余金の配当を、平成23年7月6日開催の取締役会において、下記の通り決議いたしましたので、お知らせいたします。

1.業績予想の修正

平成23年5月期通期連結業績予想数値の修正(平成22年6月1日~平成23年5月31日)

売上高
営業利益
経常利益
当期純利益
一株当たり
当期純利益

前回発表予想(A)

2,621

51

50

19
円 銭
404.43
今回修正予想(B)
2,104
△179
△182
△227
△3,136.58
増減額(B - A)
△517
△230
△232
△246
-
増減率(%)
△19.7%
-
-
-
-
(ご参考)前期実績
(平成22年5月期)
2,760
△170
△170
△276
△3,811.70

(金額の単位:百万円)


2.配当の内容


決定額
直近の配当予想
(平成22年7月13日公表)
前期実績
(平成22年5月期)
基準日
平成23年5月31日
平成23年5月31日
平成22年5月31日
1株当たり配当金
100円
300円
300円
配当金の総額
7,243千円
-
21,728千円
効力発生日
平成23年8月12日
-
平成22年8月5日
配当原資 利益剰余金 - 利益剰余金

3.理由

当社グループは、重要な経営課題である事業構造の転換と事業領域の拡大を推進すべく、検索エンジンマーケティング領域から、グローバルコンサルティング領域へと進出するための積極的な施策を進めてまいりました。アジア経済の中長期的発展を見込み、当期においては、円高の状況を勘案し、積極的な海外展開を行い、新たに4つの海外現地法人を設立いたしました。これらの海外現地法人においては、設立費用等が先行しており、現地での営業体制は整備されつつもあるものの、利益貢献が計画より遅れました。また、特に下期において、国内における新サービスの販売低調、高付加価値サービスへの転換が遅れ、売上面に影響を与えました。
費用面においては、当期においても様々な施策に取り組み、マルチリンガル旅行・生活情報予約サイト「More」の改良などの費用は発生しましたが、コスト削減施策については各項目において、詳細に渡り、適切なコントロールを行いました。しかしながら、積極的な海外展開や国内における販売状況を補うことができず、結果として利益面に影響を与え、上記の通り業績予想を修正させていただきます。


なお、第13期剰余金の配当につきましては、業績の向上に鋭意努めてまいりましたが、当期の業績を勘案しまして、本日開催の取締役会において1株につき100円とさせていただくことを決議いたしました。 今後の業績回復を目指して更なる経営努力を重ねてまいりますので、株主の皆様には引き続きご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。


(注)業績予想につきましては、現時点で入手可能な情報に基づき弊社において判断したものであります。予想には様々な不確定要素が内在しており、実際の業績はこれらの予想数値と異なる場合がございますので、この業績予想に全面的に依拠しての投資等の判断を行うことは差し控えてくださいますようお願い申しあげます。

以上

アウンコンサルティング株式会社

[事業内容] 英語・中国語・日本語などの多言語におけるSEM(検索エンジンマーケティング)に関するコンサルティング業務

[設立年月日] 1998年6月8日 [所在地] 東京都文京区後楽1-1-7 グラスシティ後楽2F

[代表者] 代表取締役 信太明 [資本金] 339,576千円

[会社URL] http://www.auncon.co.jp


本件に関するお問合せ先 : IR窓口 [TEL] 03-5803-2459

ホームIRリリース2011 > 業績予想の修正および剰余金の配当の決議に関するお知らせ