03-5803-2776
 
ホームIRリリース 2009 > 特別損失(減損損失)の計上及び業績予想の修正に関するお知らせ

News Release

各位

   2009年7月3日
アウンコンサルティング株式会社
東証マザーズ(2459)

特別損失(減損損失)の計上及び業績予想の修正に関するお知らせ

PDFで表示する

当社は、平成21年5月期(平成20年6月1日~平成21年5月31日)において、下記のとおり減損損失を計上するとともに、平成21年1月8日に公表しました平成21年5月期通期の業績予想を下記のとおり修正することといたしましたので、お知らせいたします。


1.減損損失の計上について


株式会社シリウステクノロジーズより事業を譲受けたモバイルSEO事業に関して、事業をとりまく環境の大きな変化により、当初の計画と大幅な差異が発生する可能性が高くなったため、将来の回収可能性を保守的に検討した結果、当期末の連結および個別において559百万円の減損損失を特別損失として計上するものであります。


2.業績予想の修正

3.業績予想数値修正の理由


世界的な金融危機の影響により景気は急速に減速し、当社グループをとりまくインターネット広告市場は、企業業績の低迷および先行き悪化への懸念からいっそう広告費を削減する動きがあり厳しい環境となりました。当社グループにおいてもこれらの影響を受け、当社主要クライアントによる受注量が減少し、平成21年1月8日に業績予想の修正を行い、既存の検索エンジンマーケティング(SEM)事業と親和性の高い事業領域への進出を通じてウェブマーケティング支援ニーズに広く対応できる体制の充実を図ってまいりました。また、同時にインターネット広告市場のみに依存する事業構造からの転換を進めてまいりました。しかしながら、主要クライアントからの受注量が引き続き低水準で推移したことにより、損益状況に大きな影響を与えました。それらを補うべく、構造改革を積極的に行ってきたものの、事業をとりまく環境変化のスピードは想定以上に速く、業績を回復させるには至りませんでした。その結果、営業利益および経常利益ともに、前回予想を下回る見込みとなりました。一方、当期純利益は主にのれんの減損損失を特別損失に計上することにより527 百万円下回る見込みとなりました。このような状況により、平成21 年5 月期の連結通期業績予想を修正いたします。また、個別通期業績予想に関しては、販管費削減などにより営業利益、経常利益は予想を上回る見込みとなりましたが、上記のとおり減損損失を計上することにより、前回発表した業績予想を下回り、当期純損失となる見込みであります。このような状況により個別通期業績予想を修正いたします。今後は損益状況の回復に向け、多言語マーケティング支援の基盤を確かなものとし、高い利益率を確保できる強固な経営基盤を構築すべく、全社一丸となって取り組んでまいります。


4.配当予想について


なお、当業績予想の修正による期末配当予想の修正は行いません。平成21年5月期末配当予想につきましては、平成21年1月8日に公表いたしましたとおり、1株当たり400円を予定しております。


(注)業績予想につきましては、現時点で入手可能な情報に基づき弊社において判断したものであります。予想には様々な不確定要素が内在しており、実際の業績はこれらの予想数値と異なる場合がございますので、この業績予想に全面的に依拠しての投資等の判断を行うことは差し控えてくださいますようお願い申しあげます。

以 上


アウンコンサルティング株式会社

[事業内容] PCとモバイルにおける多言語(英語・中国語・日本語)での
SEM(検索エンジンマーケティング)に関するコンサルティング業務
[設立年月日] 1998年6月8日 [所在地] 東京都千代田区三崎町2-9-18 TDCビル6F
[代表者] 代表取締役 信太明 [資本金] 339,576千円
[会社URL] http://www.auncon.co.jp

本件に関するお問合せ先 : IR窓口 [TEL] 03-3239-2868
ホームIRリリース 2009 > 特別損失(減損損失)の計上及び業績予想の修正に関するお知らせ