TOP > プレスリリース > 検索数から見る「春節」動向調査~台湾・香港は「雪」、韓国は「温泉」~

プレスリリース

Press release

プレスリリースAUN press release

Press Release

報道関係者各位

リサーチ

2018年12月20日

アウンコンサルティング株式会社

検索数から見る「春節」動向調査
~台湾・香港は「雪」、韓国は「温泉」~

 アウンコンサルティング株式会社(東証二部:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明、以下アウンコンサルティング)は、アジア9拠点で、マーケティング(検索エンジンマーケティングサービス、インターネット広告など)、アセットなどのグローバルコンサルティングを展開しています。また、アジアにおいていち早くSEOを事業化し、2018年6月より21期目を迎えています。
 この度は、台湾・香港・韓国の春節における検索動向調査の結果を報告いたします。

東アジア訪日客の道府県別訪問ランキング

 訪日客の訪問先上位10位を中国・台湾・香港・韓国で比較すると、中国で主要観光地がランクインしているのに対して、台湾・香港・韓国では九州の観光地が人気です。特に韓国は上位5位以内に「福岡県」「大分県」の2県がランクインしています。韓国における2017年の九州への訪日者数は219.8万人(※1)であり、日本全体の韓国人訪日客(714万人)(※2)の約30%が九州地方に訪れていることになります。これは、LCCの新規就航や増便等により個人旅行を中心に増加していることが起因していると考えられます。
 今回の調査では、台湾・香港・韓国の訪日者数上位25位までの都道府県の観光地約100ヵ所をランダムに抽出し、春節の時期の検索数(期間:12~2月)を調査いたしました。

台湾・香港では日本語で検索する人のほうが多い?

 まず、今回調査していく中で、特に台湾・香港でみられた傾向は、繁体字よりも日本語で検索されている観光地が多いことです。以下に日本語での月間検索数(年間平均)が多い観光地をまとめました。
 「軍艦島」に関しては、台湾で有名な旅行サイト「雄獅旅遊(ライオントラベル)」において、繁体字の「军舰岛」ではなく日本語の「軍艦島」で紹介されています。 漢字と繁体字では、文字の形が似ており、同じ意味を示す言葉だと理解しやすいことが、日本語での検索が多い要因として考えられます。一方で、三重県の「なばなの里」のように、ひらがなの多い表記のものは、日本語よりも繁体字での検索数が多い傾向にあります。
 なお、「軍艦島」の検索数に関しては、観光名所としての検索の他、2017年に公開された韓国の「군함도(軍艦島)」という映画の影響により、検索数が伸びていると思われます。
 今回の調査では日本語での検索数も踏まえて調査結果を報告いたします。  

春節の時期(12~2月)に検索数の多い観光地

 2018年の1年間の月間平均検索数と、2017年12月~2018年2月の月間平均検索数を比較し、増加率が50%を超えている観光地は以下の通りです。温泉観光地の検索数が全体的に伸びており、特に韓国人の温泉観光地への関心が高い傾向にあります。これは、気候と韓国の温泉文化が関係していると考えられます。韓国は真冬にはマイナス10度を下回るほどの寒波に見舞われるため、日本の寒い地域の観光地への関心は低いようです。また、前述したように韓国は九州地方への訪日客が多い傾向にありますが、検索数でもその傾向は現れており、特に冬の時期は熊本県の「黒川温泉」、大分県の「別府温泉」や「由布院温泉」などの温泉地への関心が高いことが分かりました。
 一方、台湾・香港は冬に雪が降らないためか、北海道の「小樽運河」や、長野県の「地獄谷野猿公苑」、岐阜県の「白川郷」など、積雪の多い観光地への関心が高いことが分かります。

3年間で検索数の増えた観光地

 12~2月に検索されている観光地を2015年と2018年で比較して、検索数の増加率が高いものをピックアップしました。まず、北海道の「小樽運河」です。日本語検索において、3年前と比較して台湾で3倍、香港で4倍に増加しています。台湾では2016年9月に小樽運河をロケ地とする日本映画、「Love Letter」が20年ぶりに放映されました。それ以降、「Love Letter」のロケ地巡りとして小樽運河を紹介している観光サイトが見受けられたことから、このようなロケツーリズムも一つの影響として考えられます。また、北海道は2017年2月に「北海道インバウンド加速化プロジェクト」を実施しており、その中で2020年を目処に外国人観光客を500万人にするという目標を掲げています。2020年に向けて今後も検索数は増加していくことが推測できます。

 また、韓国での冬の温泉地への関心の高さをについて述べましたが、大分県の「由布院温泉」、熊本県の「黒川温泉」のような九州地方の温泉観光地域への関心の高まりはここ3年間で急激に伸びていることが分かりました。

 三重県の「なばなの里」も、ここ3年間で関心が高まっているようです。なばなの里では10月中旬から5月までイルミネーションを点灯していることや、TripAdvisorの「外国人に人気の観光スポット2017」にも選出されたことで注目が集まっているようです。また、観光情報サイトでは「名古屋から近い」などと紹介され、大阪から東京へのゴールデンルートのからのアクセスも良いため関心が高まっていることが1つの要因として挙げられます。

キーワードは「自国にない文化や体験」

 台湾・香港の「雪」と韓国の「温泉」で共通していえることは、自国にない文化や体験を求めている点です。雪が身近ではない台湾・香港の訪日客は、「白川郷」への宿泊や温泉に入るニホンザルといった日本の観光地でしかできない経験は価値が高いと考えていると思われます。また、もともと温泉に入る文化があるものの、日本ほど観光地として温泉地が確立していない韓国人にとって日本の天然温泉への旅行は経験価値が高いものといえます。
 2019年の春節は2/4(月)から2/12(火)です。訪日プロモーションを行うには、自社サービスの訴求ポイントを考えるのはもちろんのこと、対象国の文化を深く理解し、ターゲットに対して、どのような価値を与えることができるのかを考えることが大切です。

【アウンコンサルティングのインバウンドプロモーション支援について】
https://www.auncon.co.jp/web_promotion/

調査概要

【調査主旨】
検索数から見る「春節」動向調査

【調査要綱】
対象の国と地域:台湾、香港、韓国
調査日:2018年11月1日 ~ 2018年11月22日
調査対象時期:2014年~2018年

プレスリリース本文中に出てくる各社サービス名称は、各社の登録商標または商標です。
本プレスリリースをご掲載される場合、『アウンコンサルティング調べ』とご記載の上、弊社までご連絡をお願いいたします。

【出典】

■アウンコンサルティングのインバウンドマーケティングサービスのご紹介
インバウンドマーケティングは国によって、訪日回数や観光先など好まれるポイントや消費金額が異なるため、各国ごとに適したマーケティングを行うことが必要です。
アウンコンサルティングは弊社現地拠点リソースや蓄積ノウハウを活用し、対象国にあわせて最適な施策を組み合わせ、認知・販促効果の最大化を支援致します。

 アウンコンサルティングでは、SEO(検索エンジン最適化)、PPC(検索連動型広告)、ソーシャルメディア、スマートフォン広告などのグローバルマーケティングサービスを、日本語だけではなく、外国語も対象に行っています。現在48の国と地域にサービス実績があり、英語、中国語(簡体字、繁体字)、タイ語やその他の外国語にも幅広く対応しています。また、台湾、香港、フィリピン、タイ、ベトナム、シンガポール、韓国の海外7拠点を生かし、アジアの現地情報やグローバルインターネットマーケティングにおけるナレッジを蓄積しております。グローバルマーケティングについて、また、現地情報の収集の際にも是非ご相談ください。

【グローバルマーケティングのサービス概要】
https://www.auncon.co.jp/web_promotion/

[事業内容] 
東京、沖縄、台湾、香港、フィリピン、タイ、シンガポール、韓国、ベトナムのアジア9拠点で、SEO、PPC(リスティング広告)、ソーシャルメディア、リサーチなどのグローバルマーケティング事業及びアセット事業を展開

[設立] 1998年6月8日
[本社]  東京都文京区後楽1-1-7 グラスシティ後楽2F
[代表者] 代表取締役 信太明
[資本金] 341,136千円 (2018年8月末現在) 
[URL] https://www.auncon.co.jp
[沿革] 1998年6月 千葉県松戸市で設立 
  1998年9月 福島県福島市へ本社移転
  1999年10月 SEOコンサルティングを開始
  2001年1月 東京営業所を東京都文京区に開設
  2002年11月 PPC(リスティング)広告を販売開始 
  2002年4月 東京都文京区に本社移転
  2005年11月 東京証券取引所マザーズ市場上場
  2006年12月 沖縄支店を沖縄県那覇市に開設
  2008年4月 タイ・バンコクに現地法人設立 
  2010年6月 台湾・台北に現地法人設立
  2010年9月 香港、韓国・ソウルに現地法人設立
  2010年11月 シンガポールに現地法人設立
  2015年6月 フィリピンに現地法人設立
  2016年10月 東京証券取引所二部市場上場
  2017年9月 ベトナムに現地法人設立

[プレスリリースに関するお問合せ] 
広報担当 金井/TEL:03-5803-2776 MAIL:pr@auncon.co.jp(ただし、@は半角)

正規代理店