TOP > プレスリリース2016 > 世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2016年2月

プレスリリース

Press release

プレスリリースAUN press release

Press Release

報道関係者各位

リサーチ

2016年3月18日

アウンコンサルティング株式会社

世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2016年2月】
~インバウンドwebプロモーションにシェア状況データを生かす~

 アウンコンサルティング株式会社(東証マザーズ:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明、以下アウンコンサルティング)は、東京、沖縄、台湾、香港、フィリピン、タイ、シンガポール、韓国のアジア8拠点で、SEM(検索エンジンマーケティング)サービス、インターネット広告、ソーシャルメディアなどのグローバルマーケティングを展開しています。また、アジアにおいていち早くSEOを事業化し、2016年で19期目を迎えます。この度、世界40カ国を対象に、モバイルにおける各国主要OS・機種シェアについて調査致しました。
※世界40カ国には国と地域を含みます。

世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2016年2月】

スマートフォンの普及率は世界中で増加傾向にあり、国内外でインターネットマーケティングを実施するにあたり世界の主要モバイルシェア状況を把握することは、重要な軸となってきます。アウンコンサルティングではこのたび、世界40カ国を対象に、2016年2月時点のモバイルにおける主要OS、主要機種のシェア状況をまとめました。

■スマートフォン端末の使用方法や見え方を意識したWebプロモーションが必須

 今回調査した世界40カ国のうち、スマートフォン使用率データを抽出できたのは38地域となっており、そのうち33地域では50%以上の使用率となっています。OSはiOSとAndroidのシェアが多い状況であり、機種はiOS単独機器であるAppleのシェアが最も多く見えますが、Androidの使用率が高い地域ではSamsungのシェアが高くなっています。

直近の弊社リリースでも多く取り上げている「インバウンド」の観点でこのシェア情報をみると、インバウンドのwebプロモーションに生かすことが出来る情報が見えてきます。
例えば、訪日外国人旅行客に、日本の名所を紹介するようなアプリをダウンロードしてほしい場合。中国人客であれば、圧倒的にAndroidの使用が多いため、アプリの仕様やダウロードを促進する広告の配信もAndroidに合わせた方法にする必要があります。iOSの利用が多い国の訪日旅行客を対象とする場合とチャネルが異なってきます。 ターゲットとなる国で使われているOSや機種の情報を常に確認し、プロモーション等に応用することは市場やユーザーに最も合った形で情報提供をするために必要であると言えます。

Unknown…StatCounter上で測定不可の機種

調査概要

【調査主旨】
世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2016年2月】

【調査要綱】

  • 対象国:GDP上位40の国と地域、OECD加盟主要国を中心に当社にて抽出
    引用元:IMF - World Economic Outlook Databases (2014年4月版)
    http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2014/01/pdf/text.pdf
  • 各国人口参照元:The World Bank Population, total
    http://data.worldbank.org/indicator/SP.POP.TOTL
    台湾の人口参照元:外務省 台湾基本データ
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taiwan/data.html
  • OS・機種データ参考: StatCounter http://statcounter.com/
  • スマートフォン普及率参考:
    Consumer Barometer with Google [Percentage of people who use a smartphone. ]2015、2014
    https://www.consumerbarometer.com/en/trending
  • 調査機関:アウンコンサルティング調べ
  • 調査対象期間:2015年3月 - 2016年2月
  • 調査日:2016年3月14日 – 3月16日    
  • プレスリリース本文中に出てくる各社サービス名称は、各社の登録商標または商標です。
  • 本プレスリリースをご掲載される場合、『アウンコンサルティング調べ』とご記載の上、弊社までご連絡をお願いいたします。

【直近の調査記事】
■アウンコンサルティングのインバウンドマーケティングサービスのご紹介

インバウンドマーケティングは国によって、訪日回数や観光先など好まれるポイントや消費金額が異なるため、各国ごとに適したマーケティングを行うことが必要です。
アウンコンサルティングは弊社現地拠点リソースや蓄積ノウハウを活用し、対象国にあわせて最適な施策を組み合わせ、認知・販促効果の最大化を支援致します。

アウンコンサルティングでは、SEO(検索エンジン最適化)、PPC(検索連動型広告)、ソーシャルメディア、スマートフォン広告などのグローバルマーケティングサービスを、日本語だけではなく、外国語も対象に行っています。現在48の国と地域にサービス実績があり、英語、中国語(簡体字、繁体字)、タイ語やその他の外国語にも幅広く対応しています。また、台湾、香港、フィリピン、タイ、シンガポール、韓国の海外6拠点を生かし、アジアの現地情報やグローバルインターネットマーケティングにおけるナレッジを蓄積しております。グローバルマーケティングについて、また、現地情報の収集の際にも是非ご相談ください。

【グローバルマーケティングのサービス概要】
URL: URL: http://www.globalmarketingchannel.com/promotion.html

[事業内容] 
東京、沖縄、台湾、香港、フィリピン、タイ、シンガポール、韓国のアジア8拠点で、SEO、PPC(リスティング広告)、ソーシャルメディア、リサーチなどのグローバルマーケティング事業及びアセット事業を展開

[設立] 1998年6月8日
[本社]  東京都文京区後楽1-1-7 グラスシティ後楽2F
[代表者] 代表取締役 信太明
[資本金] 341,136千円 (2015年5月末現在)
[URL] http://www.auncon.co.jp
[沿革] 1998年6月 千葉県松戸市で設立 
  1998年9月 福島県福島市へ本社移転
  1999年10月 SEOコンサルティングを開始
  2001年1月 東京営業所を東京都文京区に開設
  2002年11月 PPC(リスティング)広告を販売開始 
  2002年4月 東京都文京区に本社移転
  2005年11月 東京証券取引所マザーズ市場上場
  2006年12月 沖縄支店を沖縄県那覇市に開設
  2008年4月 タイ・バンコクに現地法人設立 
  2010年6月 台湾・台北に現地法人設立
  2010年9月 香港、韓国・ソウルに現地法人設立
  2010年11月 シンガポールに現地法人設立
  2015年6月 フィリピンに現地法人設立
  2016年10月 東京証券取引所二部市場上場

[プレスリリースに関するお問合せ] 
広報担当 七原/TEL:03-5803-2739 MAIL:pr@auncon.co.jp(ただし、@は半角)

正規代理店