TOP > プレスリリース2014 > 世界40カ国、2014年の人気検索キーワードランキングトップ10

プレスリリース

Press release

プレスリリースAUN press release

Press Release

報道関係者各位

リサーチ

2014年12月24日

アウンコンサルティング株式会社

世界40カ国、2014年の人気検索キーワードランキングトップ10
~今年最も注目されたキーワードは“ワールドカップ” ~

 東京、沖縄、台湾、香港、タイ、シンガポール、韓国のアジア7拠点で、SEM(検索エンジンマーケティング)サービス、インターネット広告、ソーシャルメディアなどのグローバルマーケティングを展開するアウンコンサルティング株式会社(東証マザーズ:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明、以下アウンコンサルティング)は、このたび、世界40カ国を対象に、2014年各国で注目度が高かった人気検索キーワードを調査し、ランキングトップ10を抽出いたしました。
※世界40カ国には国と地域を含みます。

2014年の人気検索キーワードランキングトップ10

 人気キーワードは、各国で日ごと変化しています。人気キーワードはその国で現在流行している物、事柄を表しており、人々がどの様な事に興味を持っているのか、時流はどのようなものかを読み解くことに繋がり、それはすなわち商機に繋がります。アウンコンサルティングでは、世界40カ国を対象に、2014年1月~2014年12月に各国で最も注目されていた人気キーワードを調査し、ランキングトップ10を抽出いたしました。

■世界40カ国で一番注目されていたキーワードは“ワールドカップ”
2014年、世界40カ国で一番注目度が高かったキーワードは、ワールドカップ関連のキーワードでした。ワールドカップは2014年6月12日から7月13日にかけてブラジルで開催され、4年に1度の祭典に世界中が熱狂しました。この大会ではドイツが優勝し、ドイツのキーワードランキングでは、ワールドカップ関連のキーワードが2位3位4位と上位に入っています。
その他、2014年9月19日に発売されたiphone6の影響もありiphone関連のキーワード、 “アナ雪”ブームを起こした、ディズニー映画『アナと雪の女王』等、日本でも人気が高かったキーワードがランキングトップ10に入っています。

■世界40カ国の人気キーワード、カテゴリー別の傾向

 世界40カ国、ランキングトップ10に入っていたキーワードを5つのカテゴリー<エンターテイメント><スポーツ><社会/政治/経済><ゲーム><その他>に分類しました。内訳は、<エンターテイメント>が最も多く40%、<スポーツ>10%、 <社会/政治/経済> 7%、 <ゲーム> 4%、<その他>39%となっています。<エンターテイメント>では現地で話題になったタレントやサイト等が多くランクインしている他、FacebookやYoutubeも人気のキーワードとしてランキング上位に入っていました。SNSではFacebookの他にも、イタリア、南アフリカで“tumbler”、スペインで“seriesly”、オランダで“pinterest”、ロシアで“odnoklassniki”など、様々なSNSが人気キーワード上位に入っています。Facebookの安定した人気に併せ、新たなSNSも人気を見せていることから、各国でSNSは人々の生活の一部になりつつあることがこの結果から見えてきます。

■各国で人気のオンラインショッピングサイト
今回の調査で、アメリカを本拠地とするオンラインショッピングサイト “amazon”がインド、カナダ、イタリア、スペインで人気のキーワードとしてランクインしていました。また、各国でオンラインショッピングサイト名が上位に入っています。特にニュージーランド、ブラジル、スペインで“aliexpress”というオンラインショッピングサイトが人気検索ランキングで上位に入っており、Amazon同様、国を問わず人気を博していることが伺えます。また、オンラインショッピング“aliexpress”は日本でも展開しており、今後の動向に注目です。
スマートフォンの普及によりインターネットがより身近に利用できるようになった昨今、オンラインショッピングは手軽に買物ができる便利なツールであることは間違いありません。また、リアルな店舗と違い家賃や人件費等のコストが削減できるため、海外へ展開する際にも非常に有利な業態と言えるのではないでしょうか。

世界40カ国、各国の人気キーワードトップ10については、以下をご参照ください。

■ありそうでなかった、海外進出支援のためのソーシャルサイト「The Oceanzフィリピン」 12月17日提供開始

 「The Oceanzフィリピン」は、フィリピン進出を検討している企業様と、フィリピン進出支援でサービスを展開している企業様とを繋ぐ、フィリピン進出支援ソーシャルサイトです。
サイト内で約121業種からフィリピン進出支援企業を検索することができ、会社情報や各企業が配信している情報を無料で閲覧することができます。また、サイトを介して直接掲載企業様にお問い合わせをすることもでき、こちらも無料でお使いいただけます。すでにフィリピンでサービスを展開されている企業様は、「The Oceanz フィリピン」に登録することで、会社情報の掲載に加え、コラムや広告掲載など様々な形で会社の情報を配信することができ、会社をアピールすることが可能です。
現在はタイ、香港、台湾、シンガポール、フィリピンのみのサービスとなっていますが、今後アジア各国、その後GDP上位の40の国と地域に展開予定です。

【海外進出支援ソーシャルサイト「The Oceanz フィリピン版」について】
URL: http://www.theoceanz.com/philippines/

調査概要

【調査主旨】
世界40カ国、2014年の人気検索キーワードランキングトップ10

【調査要綱】

  • 調査機関:アウンコンサルティング調べ
  • 調査日:2014年12月16日
  • プレスリリース本文中に出てくる各社サービス名称は、各社の登録商標または商標です。
  • 本プレスリリースをご掲載される場合、『アウンコンサルティング調べ』とご記載の上、弊社までご連絡をお願いいたします。

【直近の調査記事】
https://www.auncon.co.jp/corporate/press.html?link_id=prel

[事業内容] 
東京、沖縄、台湾、香港、タイ、シンガポール、韓国のアジア7拠点で、SEO、PPC(リスティング広告)、ソーシャルメディア、リサーチなどのグローバルマーケティング事業を展開

[設立] 1998年6月8日
[本社]  東京都文京区後楽1-1-7 グラスシティ後楽2F
[代表者] 代表取締役 信太明
[資本金] 341,136千円 (2015年5月末現在)
[URL] http://www.auncon.co.jp
[沿革] 1998年6月 千葉県松戸市で設立 
  1998年9月 福島県福島市へ本社移転
  1999年10月 SEOコンサルティングを開始
  2001年1月 東京営業所を東京都文京区に開設
  2002年11月 PPC(リスティング)広告を販売開始 
  2002年4月 東京都文京区に本社移転
  2005年11月 東京証券取引所マザーズ市場上場
  2006年12月 沖縄支店を沖縄県那覇市に開設
  2008年4月 タイ・バンコクに現地法人設立 
  2010年6月 台湾・台北に現地法人設立
  2010年9月 香港、韓国・ソウルに現地法人設立
  2010年11月 シンガポールに現地法人設立

[プレスリリースに関するお問合せ] 
広報担当 七原/TEL:03-5803-2739 MAIL:pr@auncon.co.jp(ただし、@は半角)

正規代理店