03-5803-2776
 

プレスリリース

ホームプレスリリース 2011 > 中国の旅行サイト動向調査

News Release

お知らせ

報道関係者各位

   2011年3月30日
アウンコンサルティング株式会社
東証マザーズ(2459)

中国の旅行サイト動向調査 (2011年3月)
~中国において年間100%の成長を見せるエクスペディア~

PDFで表示する


   アジア圏を中心に、東京、沖縄、シンガポール、韓国、台湾、香港、タイの7拠点で展開し、戦略的なグローバルマーケティングを提供しているアウンコ ンサルティング株式会社(東証マザーズ:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明)は、このたび、世界43カ国・5つの地域を対象にインター ネット視聴率データを提供しているコムスコア・ジャパン株式会社の正規販売代理店として中国における旅行関連サイトの動向に関する調査をまとめました。

調査結果

   2010年7月の中国人旅行者のビザ規制緩和などを受けて多くのメディアで中国人旅行客が大きく取り上げられています。そこで、2010年2月から 2011年2月の13ヶ月間の中国国内における旅行関連サイトへの来訪ユニークユーザー数を調査したところ、6月から9月にかけてユニークユーザー数の増 加が見受けられ、8月の4,800万人がピークとなっています。これは10月にある国慶節や中秋節などの長期休暇に向けてニーズが高まったと考えられ、ま た、2011年1月のユーザーの増加は2月上旬の春節が影響していると考えられます。(図表1)このように、中国の旅行業界全体としては、年2回、7 月~8月と1月にピークがあることが伺えます。


図表1:中国旅行業界ユニークユーザー数年間推移
出典:コムスコア /メディアメトリックス(Media Metrix)2010年2月-2011年2月

   また、図表2の内訳を見ると業界内で年間ユーザー増減に大きな変化がありました。2011年2月時点でユニークユーザー数が多い上位3社の旅行企業 を昨年度対比で比較すると、米エクスペディア社保有のメディアグループのユーザーが約100%増の成長となっていました。一方で、これまで中国における最 大手旅行サイトとして挙げられていたCtrip.comは16%増とほぼ横ばいとなっており、また中国大手ポータルサイトSohu.comと提携している Qunar.comに関しては35%減とユーザー数が減少しています。(図表2)


図表2:中国主要旅行企業ウェブサイト 年間ユーザー増減率
出典:コムスコア /メディアメトリックス(Media Metrix)2010年2月-2011年2月

   前年同月比で大きくユーザー数を伸ばしているエクスペディア社のメディアグループですが、ユーザー数を多く獲得しているのは米国及びその他多くの地 域・言語で展開しているExpedia.comやTripadvisor.comの中国語(簡体字版)ではなく、Kuxun.cn、Elong.com及 びDaodao.comという同社グループで保有する、中国のローカルサイトになります。実際に2011年2月時点では、Kuxun.cnが60%、 Elong.comが29%、Daodao.comが8%と同社グループ全体の97%を占める結果になりました。(図表3)Kuxun.cnと Elong.comに関しては、米エクスペディア社が2009年に買収したサイトで、特にKuxun.cnの加入が同社メディアグループの大きな成長に寄 与していると考えられます。一方、Daodao.comに関してはエクスペディア社の独自メディアで、Tripadvisor.comをモデルとした簡体 字の旅行口コミサイトになります。


図表3:中国 エクスペディア社保有サイト別ページビュー比率
出典:コムスコア /メディアメトリックス(Media Metrix)2011年2月

   多くの企業が中国進出に際して、自社のブランドやビジネスモデルを中国特有の文化や商習慣への普及に苦戦する中、エクスペディア社は米国内及び海外 で既に展開しているメディアの中国語(簡体字)版を立ち上げるのではなく、既存の他企業サイトの買収、もしくは中国国内向けのローカルメディアを立ち上げ ることによって成長を図っています。このことから、エクスペディア社は現地文化への適合を中国への進出戦略として掲げていることが伺えます。コムスコア社 のメディアメトリックスでは、企業が保有するウェブサイトをグループ化してネット視聴率を測定することも可能なため、企業のオンライン戦略に際して業界別 のマクロ動向を可視化することも可能となっております。春節を終えて落ち着きを取り戻した中国の旅行業界ですが、2011年の国慶節・中秋節に向けてエク スペディアの中国進出戦略の真価が問われることとなり、同時に中国進出を目指す日本企業にとっても、その動向から目が離せない状況が続きそうです。

調査主旨及び要綱

【調査主旨】
中国の旅行業界動向を調査

【調査要綱】
・ データソース:コムスコア社が提供するネット視聴率データ、メディアメトリックス(日本&中国データ)
・ 調査方法:コムスコア社が保有する調査対象パネルのインターネット使用データを基とした統計予測
・ 調査期間:2011年2月度集計

<旅行関連ウェブサイト定義>
本リリース内では旅行関連ウェブサイトを旅行情報サイト、旅行予約サイト、レンタカーサイト、ホテルウェブサイト、航空券予約サイト、航空会社ウェブサイトより構成されるものとします。

アウンコンサルティング株式会社

[事業内容] アジア圏を中心としたグローバルマーケティング支援(多言語のWeb制作・メディア運営・販促支援・翻訳)
[設立年月日] 1998年6月8日 [本社所在地] 東京都文京区後楽1-1-7 グラスシティ後楽2F
[代表者] 代表取締役 信太明 [資本金] 339,576千円
[コーポレートURL]:http://www.auncon.co.jp/
[プレスリリースに関するお問合せ] 広報担当 武蔵/TEL:03-5803-2798 MAIL:pr@auncon.co.jp
[調査に関するお問合せ] 担当 古川/TEL:03-5803-2777  MAIL: research@auncon.co.jp

ホームプレスリリース 2011 > 中国の旅行サイト動向調査